腎臓病の正しい食事療法を知ろう|心配無用

老人

上手に対応するために

家族

食べる順番がポイント

現代病として名高い腎臓病ですが、その患者数は年々増え続ける傾向にあります。完全な治療法は存在しておらず、日常生活を見直し、食事や運動面で対応せざるを得ないのが現状です。その中でも食事療法は基本をなすものであり、重要な位置を占めています。腎臓病患者の方が最も気をつけなければならない点は、血糖値の上昇を抑えることです。血糖値は膵臓から分泌されるインスリンにより制御されています。食べ過ぎにより急激に上昇してしまいますので、腹八分目という意識を持つようにしましょう。また、食べる順番に気をつけることで、血糖値を上手にコントロールすることもできます。日々の食事において、野菜、主菜、主食の順番に食べることを心がけましょう。

ストレスからの解放

腎臓病を患っているほとんど全ての方は、食事療法を行っていることでしょう。摂取カロリーや栄養素に気を配りながら毎日の献立を考えるのは、とても大変なことです。その苦労は、食べたいものが食べられない本人ばかりでなく、サポートしてくれる周りの人間も共有することになります。そんな方々のために、食事療法における負担を軽減するアイデアをご紹介します。それは、腎臓病食の宅配サービスを利用することです。栄養士が考えた、腎臓病用としてバランスのとれた食事を自宅に宅配してもらえます。毎日の献立に頭を悩ませる必要も、調理する手間もなくなり、ストレスから解放されます。自由に使える時間も増えますし、宅配された食事の味付を参考にすることもできます。食事療法でお悩みの方は、1度利用されることをお勧めします。