腎臓病の正しい食事療法を知ろう|心配無用

介護

上手に対応するために

家族

腎臓病を患っている場合に食事療法で気をつけなければならないのは、血糖値の上昇です。食べる量や順番に気を配ることで、急激な上昇を防ぐことができます、また、毎日の献立を考えるのが苦痛な場合は、腎臓病用の食事の宅配サービスを利用するのも手です。

Read More..

腎不全の食事とは

Food

腎不全の特徴と食事の工夫

慢性腎不全、いわゆる腎臓病は一度発症すると、完治することはありません。腎臓病が悪化すると、心不全を併発し、命の危険性につながる可能性もあり、人工透析の導入も考慮しなければなりません。腎臓の機能が徐々に悪化する傾向にありますが、その進行を食い止めるのが食事療法や薬物療法です。食事療法では、主に塩分制限が大きなポイントです。塩分を控えて、腎臓や心臓、その他の臓器に負担をかからないようにします。また、たんぱく質やカリウム、リン、カロリーをコントロールすることで、腎臓病の安定を図ります。これらを十分に管理するには、病気の状態を医師と十分に相談し、栄養士に食事の工夫を指導を受ける必要があります。そうすることで、腎臓の悪化を食い止めることにつながります。

食事を工夫するメリット

腎臓病の食事療法は、先に挙げたように、腎臓やその他の臓器の悪化を防ぐ目的で行います。自身で食事を調理できる方には、出汁のとり方や、塩分制限の工夫、タンパク制限の方法を、栄養士などの専門家から指導を受けます。漬物や梅干し、味噌汁の摂り方に注意が必要です。また、ラーメンやうどんを食べるときには、スープを飲まないようにするような工夫も重要なポイントです。外食するときには、どのような料理に塩分が多いかなど、料理の選び方を知ることも食事療法の重要な点です。自身で食事制限をできない方には、配食サービスや冷凍食を利用して、既に栄養素が整えられた食事を配達してもらうことも有効です。これは、各地域ごとに、助成金が下りるような制度もあるので、活用することで経済的負担の軽減にもつながります。

腎臓を労るために

Food

腎臓病の進行をストップさせたいと考えているなら、自身でおこなう食事療法が鍵となります。しかし、自身で毎日おこなうには苦労が多いので、腎臓病用のメニューを提供してくれるデリバリーを利用すると良いでしょう。

Read More..

腎臓と食事

介護

食事療法によって腎臓病の症状を改善することが可能であり、特に塩分をとり過ぎないようにすることが大切です。しかし、エネルギーは必要量を摂取する必要があり、栄養補助食品の摂取と並行すると、より効果のある治療にすることができます。

Read More..

ASSOCIATED LINK

  • 美味しく改善!腎臓病の食事療法ガイド

    ランキングで紹介が行なわれているので腎臓病の食事療法を検討しているならサイトに記載されている内容を確かめてみるといいです。